閉じるボタン

チューニャン 「チューニャン」の効果・メリット
チューニャンには野菜や肉・魚など具材のコクを上げ、全体をまろやかにする効果があります。

野菜が美味しい!中華丼

チューニャンを使用すると具材の旨味とコクがアップします。特に野菜の旨味が上がるので、野菜がたっぷりの中華丼ととても相性が良いです。また、肉や海産物との相性も良いので、バランスよく味を底上げします。
チューニャンを入れたタレは、甘味のバランスが良くなり、素材の味を引き出してくれます。チューニャンは、野菜など具材の豊富な中華丼でも美味しく使用して頂けます。

原材料

作り方

調理時間:10分 人前:2人

タレ
原料名 g
A
チューニャン 6.0 2.7
鶏ガラスープの素 2.6 1.2
コショウ 少々
オイスターソース 4.0 1.8
紹興酒 4.0 1.8
醤油 4.0 1.8
200.0 90.0
水溶き片栗粉 適量
ごま油 1.5 0.7
     
222.1 100.0
具材
具材名 g
B
エビ 15.0
豚バラ 30.0
イカ 20.0
塩・こしょう 少々
紹興酒 2.0
水溶き片栗粉 2.5
C
たけのこ水煮 15.0
にんじん 20.0
白菜 30.0
青梗菜 20.0
うずら卵 お好み
  1. 具材Bを全て混ぜておく。
  2. 具材Cを切っておく。たけのこ水煮・にんじんは細切り。
    さらに、にんじんは下茹でしておく。
    白菜・青梗菜はざく切り。
  3. 調味料Aは粉が残らないように溶かしておく。
  4. 具材Bを強火で炒める。目安は強火で1分間。
    全体に火が通ったら、ボウルにあげる。
  5. 鍋に油を入れ、具材Cを炒める。
    目安は全体に火が通るくらいまで。
    目安時間は強火で1分30秒。
    ※炒め油にラードを使うと更に美味しくなります。
  6. 5.に調味料Aを入れて煮込む。鍋にこびりつかない様に混ぜながら煮込むのがポイント。
    煮込むときの目安時間は強火で30秒間。
  7. 6.に4.で炒めた具材Bとごま油を入れてさらに煮込む。
    煮込むときの目安時間は強火で1分間。
    ゆるく混ぜながらとろみがついてきたら完成。